ふるさと納税はお得?仕組みを知って家計費の節約とプチ贅沢が実現

節約・貯金
スポンサーリンク

ふるさと納税はお得!ってよく聞きますよね。でも実際にはやってみたことがないという方も多いのでは?

ほんとにお得なの?

実質2000円の自己負担で色々な返戻品が受け取れるので、個人的にはお得感とメリットしか感じないです。
仕組みが分かれば簡単!節約も贅沢もできちゃう!

 

わが家のふるさと納税は今年で2年目。

残念ながら所得税の枠はほぼ住宅ローン減税に使いきっているので、ふるさと納税の限度額は少なめです。それでも 住民税枠から5万円程度の税金の控除を受けています!

 

おすすめした友人も一緒に始めたのですが、なんと年に20万超の限度額があるらしく・・高所得うらやまし・・と内心思ったのは内緒。

 

ふるさと納税の限度額は納税額や控除額によって変わります。
所得税を多く払っている人ほど限度額が多くなります!

 

また還元率についてよく取り上げられますが、還元率をそこまで重視しなくても、十分お得だしメリットもある制度だと思います。

せっかくなら普段なかなか食べない贅沢な返礼品を選ぶもよし、日用品や必需品をえらんで家計費の節約に役立てるもよし。人気ランキング等を見る限り、 個人的には節約する派、贅沢する派に分かれる のかなと思っています。

わが家では5万円程度利用していますが、節約半分・贅沢半分でバランスよく振り分けています。


この記事では、以下について紹介しています。

  • ふるさと納税はお得?仕組みは?
  • ふるさと納税の手順
  • ふるさと納税のメリット・デメリット

 

  • ふるさと納税が気になる
  • 無理なく家計費の節約をしたい

 

 

スポンサーリンク

ふるさと納税はお得?具体的にイメージしてみよう

「ふるさと納税」は本来、故郷や応援したい自治体に寄付する目的で始まった制度です。自治体が自助努力等で色んな返礼品を準備したことから、過熱してお得な制度になってきたという背景があります。

ふるさと納税はお得だといっても、制度を利用したことない人にとっては分かりにくいのではないでしょうか。

ふるさと納税はお得なの?

私はお得だと思います!家計費の節約にもなるし、プチ贅沢もできちゃうのがオススメ!

イメージしやすいように、私が実際に行った納税を例に挙げて、説明していきますね‼

平成30年にふるさと納税の返礼品でいただいた物と納税金額は以下の通り。返礼品への規制が入る前なので、今より還元率が高めかと思います。

  • おせち料理(3~4人前) 22,000円
  • 米15キロ 10,000円
  • 発泡酒350ml×24缶 10,000円
  • 国産牛切り落とし 1kg 10,000円

計 52,000円

計52,000円の納税を行って、4点の返礼品を受け取りました。普通に買い物として考えると少々お高めの値段設定。

 

でも、わが家の自己負担は2,000円!!

なんかおいしい話過ぎてあやしくない?

「本当に返ってくるの?」なんて不安になる方もいるのでは?私もその一人でした。

ちゃんと返ってきましたよ!

わが家の場合は、所得税の控除枠は使い切っているため、住民税からの控除

〈平成31年度 住民税決定通知書〉
寄付金控除 市:30,000円 府:20,000円 となっています。

 

わが家の納税額は52,000円。実費2,000円を差し引いて合計50,000円が無事控除されました。住民税の場合は、一括ではなく12か月に分けて控除を受けられます。50,000円÷12か月=4,166円が月々の住民税から引かれている計算になります。正直なところ、返金されたという実感は薄め。

確定申告で所得税の還付を受ける場合は、一括での受け取り額が多い ため、より実感できると思います。

 

個人によって、納税限度額が変わるのが要注意!

 

  • 自己負担は2000円
  • 所得税・住民税から還付・控除される
  • 納税限度額がある

 

スポンサーリンク

 

ふるさと納税の手順を分かりやすく解説します

ふるさと納税の手順は以下の4ステップ。

  1. 納税上限を確認する
  2. どこに寄付するか決める
  3. 返礼品を受け取る
  4. 控除の手続きをする

 

1つずつ説明していきますね!

納税上限を確認する

納税上限の金額は納付している所得税・住民税額や控除額によって変わってきます。また、納税額が1万円でも20万円でも、実費負担は2000円となります。

納税上限の金額にかかわらず実費は2,000円 になるため、上限が大きいほどお得感は増えます。

給与収入(年間) 独身もしくは配偶者控除のない共働き夫婦 夫婦のみ(配偶者控除あり) 夫婦(配偶者控除あり)と子(16歳以上19歳未満) 年金暮らしの夫婦
300万円 28,000円 19,000円 11,000円 19,000円
350万円 34,000円 25,000円 17,000円 28,000円
400万円 43,000円 33,000円 25,000円 36,000円
450万円 53,000円 41,000円 32,000円 45,000円
500万円 61,000円 49,000円 40,000円 59,000円
550万円 70,000円 61,000円 49,000円 68,000円
600万円 77,000円 68,000円 60,000円 78,000円
650万円 98,000円 76,000円 68,000円 100,000円
700万円 109,000円 85,000円 77,000円 111,000円
750万円 120,000円 109,000円 87,000円 122,000円
800万円 131,000円 120,000円 111,000円 134,000円

(出展:ふるさとチョイス)

個人の控除額等によっても納税上限は違うので、詳細についてはこちら(ふるナビ)で詳しく紹介されていたので参考にしてみてください。手元に住民税の決定通知書などをご準備の上、シミュレーションしてみてくださいね!

 

どこに寄付するか決める

色々な取り扱いサイトがあるので、人気ランキングや納税金額等を参考にしながら、どんな返礼品があるのかチェックします。どこに寄付しようかなというよりは、「お取り寄せ」の感覚で、楽しんでいます!

贅沢品でいえば、かに・いくら・国産牛・うなぎなど。他、商品券や家電なども一部取り扱いがあるサイトも。

限度額が多めの方にはお米やお肉・野菜の定期便も人気です。1回の寄付で手続きも少なく、定期的に届けてくれるのでお手軽。コレ!と思うものに出会えればチャンスですね!

返礼品ではなく、被災地支援などの寄付もあります。がっつり全額はできなくても、限度額までの端数などでも支援できるといいですよね。

 

返礼品を受け取る

受取の時期については、事前にサイト上でご確認ください。人気の返礼品や申込が多い時期などは受取までに時間がかかるケースもあります。

お米やお肉・野菜などの定期便などは複数回にわたっての受け取りになります。

 

控除の手続きをする

ふるさと納税の還付や控除の受け方には、手続きが二通りあります。平成27年4月1日以降、ワンストップ制度ができて、確定申告が面倒だという方にも利用しやすくなりました。詳しく説明していきます。

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度を利用するためには、以下の条件を満たしていることが必要です。

 

  • 1年間のふるさと納税で寄付をした5自治体以内
  • 各自治体ごとにワンストップ申請書を提出
  • 給与が2000万円を超えない方
  • 医療控除などその他の控除がない方(年末調整では不可のもの)

 

2年連続、ワンストップ特例制度を行いましたが、各自治体が詳しく必要書類などをお知らせしてくれるため、手続き自体は簡単です。

締め切りがあるため、期限が迫っている場合は不備等ないようにしっかりチェックした方がいいかと思います。

注意点は以下の通り。

  • 申請書の締め切り日がある
  • 同じ市町村に複数回行った場合は、複数回必要(同時申請は可能)
  • 申請時にマイナンバー書類と本人確認書類が必要
  • 住民税からの控除になるため、翌年の6月以降12か月に分けて控除される

 

確定申告

上記で挙げたワンストップ特例制度の条件を満たせない方については、 翌年の2月16日~3月15日までの間に確定申告が必要 になります。所得税からの還付と住民税からの控除の2種類に分かれ、受け取り方法も変わります。

  • 所得税からの還付 ⇒ 一括で受け取りできる
  • 住民税からの控除 ⇒ 翌年6月からの1年間で控除される

また、条件を満たしていても、なるべくまとまったお金で受け取りたい方は、確定申告をすれば還付金を受け取ることができます。

 

分かりやすく図説したものが以下になります。

確定申告期間と控除の開始時期

(出展:ふるさとチョイス公式HP)

 

ふるさと納税の手順について紹介しました。次は、メリットとデメリットについて簡単に挙げていきます。

 

 

ふるさと納税のメリット・デメリット

メリット

豊富な返礼品から選べる

いくら・高級肉・魚介などの贅沢品から、米・酒・大量のお肉など家計の節約に役立つものまで幅広くあります。

限度額が多い方には、Amazonギフト券や家電・定期便なども人気!

返礼品目的に抵抗がある方には、クラウドファンディングという形で被災地支援の募金などもあります。実費ではなく、税金の控除内で募金が可能というのも画期的だと思います。

 

自己負担が2000円

ふるさと納税の 限度額以内で納税すれば、実質の自己負担2000円で様々な返礼品が受け取れます。

返礼品の豪華さがふるさと納税の醍醐味とも言えそうですよね。

 

家計費の節約やたまの贅沢になる

実質負担額は2000円なので、選ぶ返礼品を日常使用のものにすれば家計費の節約になります。また逆に自己負担がないからこそ、普段はなかなか手の出ない贅沢品やちょっといいものを選ぶのもいいですよね!

私はおせちを少し贅沢にしたくて、生おせちをチョイスしましたが、かなりの満足度でしたよ~♬

 

デメリット

上限がある

限度額を超えた分については控除対象とはならず、超過分については実費負担となる ので要注意です。要は純粋な寄付金になってしまいます。

しっかり自身の上限を把握しておくことが重要。1月~12月の納税額で上限が決まるので、年収が確定した時点で最終調整をする方も多いようです。

年末にかけて申込の駆け込み需要が増え、手続き等のスケジュールがタイトになってくるので、早めから動くことをおすすめします。

一時的に出費が増える

最終的には税金が還付・還元されますが、タイムラグがあるため、一時的に出費が増えてしまいます。計画的に予算枠を作っておかないと、家計を圧迫する要因ともなってしまうので注意が必要!

 

手続きが必要

確定申告もしくはワンストップ特例制度での手続きが必要なので、期限等はしっかり把握しておく必要があります。

 

住んでいる市町村の収入源が減る

本来収めるはずだった居住地の税収が、納税先の市町村の収入となります。

大阪市在住であれば、居住地の大阪市や大阪府の税収が減り、納税先(返礼品の購入先)の税収が増えます。居住地の税収が減ってしまうので、住民サービスに影響が出る可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ふるさと納税の手順は4ステップ。

  1. 納税上限を確認する
  2. どこに寄付するか決める
  3. 返礼品を受け取る
  4. 控除の手続きをする

 

ふるさと納税の人気の理由は以下のようなものがあります。

  • 豊富な返礼品から選べる
  • 自己負担が2000円で返礼品が受け取れる
  • 家計費の節約やたまの贅沢になる

 

一方でデメリットもあります。

  • 納税上限があるので各自で把握が必要
  • 一時的に出費がかさんでしまう
  • 控除・還付を受けるためには手続きが必要
  • 住んでいる市町村の収入源が減る

 

ふるさと納税の制度を正しく知って、家計の節約やプチ贅沢に取り入れてみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

    
この記事を書いた人
かんきつママ

8歳・5歳・3歳のオテンバ3姉妹のママです。

わが家のドタバタ子育て・貯金情報を中心に日常の色々を発信しています。
お気に入りのものも紹介するよ!

詳しくはプロフィールページをご覧ください。

かんきつママをフォローする
節約・貯金
スポンサーリンク
シェアする
かんきつママをフォローする
かんきつぐらし ~3人子育て×貯金~
タイトルとURLをコピーしました