【初心者】ディズニー子連れにありがちな失敗とは?子供と行くなら準備は6つ!

子供とお出かけ
スポンサーリンク

子連れ旅行の定番、ディズニーランド・ディズニーシー。

子供をたくさん楽しませてあげたいし、もちろん親だって楽しみたい! でも子連れで行くとなると、少しハードルが上がります。

 

実際に当時2歳の長女と初の子連れディズニー。ディズニーランド・ディズニーシーと2デーで、万全にプランを立てて臨んだつもりでした。

が、結果は大失敗・・・

 

子供から出た言葉は、

「楽しくない。トイ〇ラスのほうがいい」 でした。

 

想定外の言葉に愕然。「おもちゃの国>夢の国」になった瞬間でした、涙。確かに楽しいけどね。。

 

“夢の国”に来たはずなのに、子供はグズグズ、親はイライラ。。

せっかくの旅行が台無しです。でも割とありがちな失敗談

そんな悲惨な事態に陥らないように、 準備を万全にしてから行きたいですよね。

 

一回目の失敗以降は、子供対策をしっかりしたこともあり、より楽しめるようになっていると思います!

 

この記事では、下記についてまとめてみました。

  • 子連れディズニーにありがちな失敗
  • 子供と行くならやっておきたい準備と事前対策6つ

 

  • 子連れディズニーで失敗したくない
  • 時間と気持ちに余裕をもってディズニーを楽しみたい
  • ディズニーに行くにあたっての事前準備が気になる

 

スポンサーリンク

 子連れディズニーのよくある失敗

我が家の失敗の原因

まずは失敗の元を探すよ!!

対策やプランをしっかり立てたつもりが、詰め込みすぎ、欲張りすぎが裏目に出てしまいました。

 

ファーストパスを取って、アトラクションに並んで、パレードの席をとって・・・

プラン通りに進んでたはずだったのですが、子供の睡眠をうまく確保できず、子供の体力・機嫌・気力に限界がきてしまいました。

 

親と子供のテンションに差がありすぎました。充実していれば、子供も楽しいはず! と思いこんでいました。

そりゃそうだ・・・冷静に考えると分かります。

日常生活であれば、一日のスケジュールを考えて、子供の昼寝を優先しますよね。子育ての基本とも言えるところで、つまづいてしまっていました。

大人のペースでプランを立てると失敗します!子供の状況を見ながら、余裕をもったプラン作りをおすすすめします。

 

子供の年齢や体力を考えてプランを立てることが、大人も楽しむ秘訣!

 

予算に余裕があれば、「バケーションパッケージ」がおすすめです!

「バケーションパッケージ」はディズニー公式の宿泊プランで、とにかく特典が多いです。

  • 開園時間の15分前に入園
  • 時間制約なしのファーストパスやショー鑑賞プランがついているものもある
  • オリジナルグッズがついているものもある

人気があるので、すぐに予約が埋まってしまいます。特典が多い分、金額設定としてはお高め。

せっかく子連れで行くなら少々値段が高くなっても、という方にはおすすめです。

 

特にディズニー隣接のホテルであれば、一度ホテルに帰って休憩してからまた出かけることもできます。また、夜のショーや花火はホテルの部屋からゆっくり鑑賞することもできます。

公式プランならではの特典が満載!

とはいえ、なかなかの高額なので、家族旅行となると手が出にくいのも事実。

お手軽にできる、事前対策についても紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

子供と行くディズニーの事前準備は6つ

  •  公式アプリのダウンロード
  • 気になるアトラクションを詳しく調べておこう
  • 移動系アトラクションを把握しておこう
  • プランをある程度考えておこう
  • 親子でディズニー強化月間を作ろう
  • たくさん歩いて体力作りをしよう

まずは公式アプリのダウンロードしよう!

東京ディズニーリゾート®・アプリのバナー

(出展:ディズニー公式HP)

公式アプリはとにかく便利です。事前にダウンロードすることをおすすめします。

使いこなしておけば、当日の時間短縮にもなるし、無駄に歩き回るようなことをしなくても済みます。

パークの入園後にはショーやパレードの抽選をする時にも使います。

 

公式アプリでは主に以下のようなことが可能です。

  • パークチケットのオンライン購入
  • 観たいショーやパレードの抽選 ※パーク入園後に限ります
  • ショーやパレードのスケジュールや待ち時間をマップ内に表示
  • レストランの事前予約
  • パークで販売しているグッズのオンライン購入(一部商品を除く)

地図が分かりやすいので、ある程度把握できていると当日の行動が効率よく動けます!

待ち時間の表示がされており、混雑状況の似ている日があれば事前にチェックしておくと、当日のプランの参考にもなります。

 

 

気になるアトラクションを調べておこう

こちらについては、別記事を参考にしてください。

 

参考になる本も紹介しておきます。

 

移動系のアトラクションを把握しておこう

ディズニーシーには移動系のアトラクションがいくつかあります。

待ち時間が短いようならぜひ利用して体力を温存。楽しちゃいましょう!

 

☑ トランジット・スチーマーライン

ディズニーシー・トランジットスチーマーライン(メディテレーニアンハーバー)のイメージ

(出展:ディズニーシー公式HP)

船に乗って移動するアトラクションです。ルートが3つあります。ご注意ください。

  • メディテレーニアンハーバー → ロスト・リバーデスタ
  • ロスト・リバーデルタ → メディテレーニアンハーバー
  • アメリカンウォーターフロント → 一周して同じ場所に戻る

 

☑ エレクトリックレールウェイ

ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ(アメリカンウォーターフロント)のイメージ

(出展:ディズニーシー公式HP)

アメリカン・ウォーターフロント と ポート・ディスカバリー(ニモの前)を往復する鉄道です。

 

ディズニーランドで移動に使えるアトラクションはありません。鉄道や船のアトラクションは周遊のみで同じ場所に戻ってくるものになります。(2019年4月現在)

 

プランを考えてみよう

ショーやパレードのタイムスケジュールは1か月前には公式HPで確認できます。

抽選の有無、先着順など、時期やショーによって異なるので、チェックしておくのがいいと思います。

ファーストパスのあるアトラクション、観たいショーの時間を基準に、 回り方を決めてみるといいと思います。

劇場系のアトラクションは時間がかかる こともあるので、時間に余裕を持ったプラン作りをおすすめします。

 

プラン・回り方の参考になる本、紹介します!

月間300万PVの人気ブロガーによる究極のディズニー攻略本。

混雑状況に応じたプラン、モデルコース、待ち時間やファストパスの予想などがとにかく具体的!

 

スポンサーリンク

 

親子でディズニーの温度を上げておこう

次は心の準備!

最重要ポイントはココ!!

子でディズニー強化月間を設けました!

主に小さい子はアンパンマンやeテレ、しまじろうの方がなじみがあるかもしれません。

ディズニーキャラクターをたくさん知っている方が絶対楽しめる!

とにかくDVDやディズニー絵本などをたくさん見て、キャラクターに愛着を持ってもらうようにしました!

マインドコントロールしちゃおう!

 

下の子は2歳ですが、とにかくプリンセス好き。

魔法のじゅうたんに乗ってジーニーに願い事をしたり、

フライパンを持って男の子を威嚇したり(ラプンツェルなりきり中)というような、おままごとができるレベルになりました、笑。

おかげで、 パレードやショーでは大騒ぎ、グリーティングではうっとり♡ ということを実現!

帰ってからもしばらく夢から醒めないくらい、めいっぱい楽しんで帰ってくることができました!

 

 

たくさん歩いておこう!

心の準備が整ったら、次は体の準備!

ディズニーランド・ディズニーシー共に広いので、どんなプランを立ててもとにかく歩きます。

歩くのが苦にならないように、 たくさん歩いて体力をつけておきましょう!

これ、けっこう大事です!!

 

すぐヘトヘトになっちゃうと、子供の相手どころではなくなっちゃいます!

心のゆとりをもつために、まずは体力作りから!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子供服 コスプレ 白雪姫 ワンピース カチューシャ付き ネコポス不可 [M便1/…
価格:4536円(税込、送料別) (2019/7/8時点)

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

子連れディズニー旅行の事前準備6点は以下の通り。

  •  公式アプリのダウンロード
  • 気になるアトラクションを詳しく調べておこう
  • 移動系アトラクションを把握しておこう
  • プランをある程度考えておこう
  • 親子でディズニー強化月間を作ろう
  • たくさん歩いて体力作りをしよう

 

あとは体調を万全に整えて、当日楽しむのみです!
残念ながら、プラン通りに進むとは限りません。

当日、大事なのは次のポイントです。

  • 気持ちにゆとりをもつ!
  • 詰め込みすぎない!
  • 疲れたら休む!
  • とにかく楽しむ!
  • イライラしてきたらおいしいものを食べる!

 

たくさん、素敵な思い出を作ってきてくださいね!

 

 

    
この記事を書いた人
かんきつママ

8歳・5歳・3歳のオテンバ3姉妹のママです。

わが家のドタバタ子育て・貯金情報を中心に日常の色々を発信しています。
お気に入りのものも紹介するよ!

詳しくはプロフィールページをご覧ください。

かんきつママをフォローする
子供とお出かけ
スポンサーリンク
シェアする
かんきつママをフォローする
かんきつぐらし ~3人子育て×貯金~
タイトルとURLをコピーしました